MENU

フィットハイブリッドとガソリン車の損益分岐点

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ハイブリッド車 VS ガソリン車

 

 

 

実際は、どっちの方がお得なのか

 

わからない・・・


 

 

フィットハイブリッドを選ぶ分岐点とは?
ハイブリッドのメカニズムはガソリンエンジンに比べて価格も高く、10馬力以上のモーターを搭載したフィットハイブリッドでは約27万円ほど高くなっています。

 

 

そこで皆が知りたいのがどのくらいの距離を走ればハイブリッド搭載に伴う価格アップを燃料代の差額で元が取れるのかではないでしょうか?

 

 

 

もちろん短い走行距離で取り戻せた方がお得!

 

というわけだが・・・。


 

 

損得勘定に影響するのは、主にガソリンエンジン車とハイブリッド車の車両価格差、および燃費の差で燃料代であるガソリン価格も関係する。

 

 

クルマの本体価格差が小さくて、燃費の差は大きく、ガソリン価格が高ければフィットハイブリッドの方がお得になる計算になります。

 

 

また、エコカー減税も考慮ポイントです。

 

2017年4月に法改正が行われましたが、ハイブリッドが免税、ガソリンエンジンは減税対象外の車種では実質負担額の違いが大幅に減りました。

 

 

 

 

 

13G・F(ガソリン)

ハイブリッド

フィット新車価格

142万

169万

カタログ燃費

24.6km

34.0km

新車時の値引き額 フィット3 値引き

 

 

ハイブリッドの車両価格はガソリンモデルに比べて27万円高ですが、装備の違いを考慮して補正すると約20万円高となります。

 

 

 

その20万円の差額を取り戻すには?


 

必要な走行距離は 10万キロ!

 

  • 1年に1万キロ走行するユーザーで 10年間
  • 1年に1.5万キロ走行するユーザーで 約7年間
  • 1年に2万キロ走行するユーザーで 約4年間

 

フィットの平均の保有期間は約8.5年なので、1年に1万キロ未満程度しか走らない方はガソリン車の方がお得という結果に。

 

 

 

年間走行距離が1.5万キロ以上というドライバーさんはハイブリッドモデルを選択した方がお得と言えそう。


 

 

 

※ 最近はガソリン価格が比較的安値で安定しており、ハイブリッドには若干不利な状況が続いています。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

 

関連コンテンツ

1

ガソリン車とハイブリッドの実燃費は?

愛車の価値を知ってからホンダカーズへ行って下さい



 ホンダカーズへ行く時には焦ってはいけません!!

 どうして?

 まずは愛車の売却相場を知らないと・・・
 愛車の下取り額に対して正しい判断が出来ずに大きな損をする事があるからです。



 まずはじめに!!
 「カービュー」 等のネット一括査定サービスで愛車の売却相場を知って下さい。
 査定額の差が最大で65万円となった例も実際にありますので!